風俗業に馴れてしまった体

風俗業と言うものに馴れてしまうと、狂うのは金銭感覚と言うものばかりではなく生活面においてもそうだと思います。

 

 

仕事と言うものが始まると、体はその仕事に合った生活サイクルを覚え始めると思いますので、そうしたサイクルが崩れる事により風俗嬢の体と言うのは本来の生活を送っていたら形作られるはずが無いものに馴れてしまって居る場合があるのです。

 

 

夜遅くまで起きていると言う事は基本になってしまうでしょうし、朝方や昼間になってから寝ると言う事、そして夜にまた仕事があるまではだらだらと過ごしてしまう何て言う事が体に染み付いてしまっている人も多いと思います。

 

 

ですがそのような生活をして居ても許される風俗業を行っているからこそ、そう言う生活が身に染みてしまうのであって、本来の昼間の仕事を行っている場合はこうした体にはならないはずです。

 

 

とは言え一度そうした体になってしまえば、今後風俗業を止めて一般的な仕事を行おうと思っても無理が出てきてしまいますよね。

 

 

そうした無理に付いて行く事が出来ないからと、何だかんだ風俗業を続けてしまうと言う人も居るようです。

 

 

一種の麻薬のようにも思えますね。

 

 

一度目は良いとしても、段々とその中毒に犯されていることには気付かず、最終的にはそれが止められなくなってしまっていた…何て事になり兼ねません。

 

 

もしも風俗で働く場合には、それに甘えすぎずにその中でも自分の生活を守る術を学ぶ必要があると思います。