モテた自分を忘れられない

風俗嬢をやって居る人の中には、やはり可愛いからと言う理由でちやほやされて来たと言う人も多いのではないでしょうか。

 

 

人気の風俗嬢としてやって来たと言う人何かは特に、そうしたモテて来たと言う自分を忘れる事が出来ずにその職業に縋ってしまうような人も居るようです。

 

 

どれだけ可愛い見た目をしていても、どれだけテクニックがあったとしても風俗業に関してはどうしても老いと言う壁が生まれてしまうものだとは思います。

 

 

ですからそれに抗うと言う事には限界と言うものが見えますし、いつしかその仕事を辞めなければならない時と言うものが必ず出てきます。

 

 

それなのにその引き際を知ってもその職業から手を引くことは出来ず、モテた自分が忘れられないからと給料が落ちてきているのに関わらずその仕事に居続けてしまうのは、その先の将来の可能性と言うものを潰してしまうことになるのではないでしょうか。

 

 

多少でも稼げているのであれば確かに、その仕事に縋ると言う事も必要な場合はると思いますが、体の事と勤務時間、そしてそれにより与えられる給料などの事を考えて、引き際を見定めると言う事も大切です。

 

 

風俗嬢などと言う職業に就いてから麻痺してしまいがちな感覚は、いつしか直さなければならない物の一つでもあると思います。