風俗嬢と生理期間

女性には生理と言うものがありますが、当然風俗嬢にも月に1回はそう言うものが訪れます。

 

 

それによる体への被害と言うのは人それぞれで個人差はあるものですが、貧血や頭痛などを抱える人が多く、腹痛や腰の痛み、体のだるさを持ち合わせる人というのも見られます。

 

 

時には情緒不安定になる事もあると思いますし、それによりイライラしやすく接客どころでは無いと言う人が大半です。

 

 

そんな生理と言うものを抱える女性が風俗嬢として働く場合、生理期間中は働くことは無く休みを取ると言う形になると言う事がほとんどのようです。

 

 

特にヘルスやソープなど、生理中ではプレイが行えないようなお店の場合は、労働基準法により生理日の就業をさせてはならないと言う風に決められているので、それに従っているところが大半です。

 

 

それは風俗嬢が休暇を請求した時にのみ認められる法律ではありますが、普通は生理中の風俗嬢を相手にしたいと思う人は少ないと思いますし、ましてや非常にデリケートな問題ですので、プレイ中に細菌が入ったり病気になってしまったりと言うリスクが増える事から、お店側からもそうした生理中の女性には就業を止めて貰っていることが基本となります。

 

 

つまり風俗嬢は忙しいと言えど、ヘルスやソープで働く場合にはそうした生理期間中に嫌でも休みを取らざるを得ないと言う事です。

風俗嬢と生理の痛み

風俗嬢の中にも生理期間が不定期である為に、突然仕事を休まなければならなくなったと言う人も少なからず居ると思います。

 

 

月に1度の周期で来るものだと分かっていても、そうした生理と言うものは時に日付がずれてしまったり、来る予定の物が来なくなってしまったりと言うトラブルが起こってしまう事があります。

 

 

ですがそれも体の問題ですのでどうしようも無いですよね。

 

 

だからと言って生理中に出勤する事も難しく、酷い人では生理期間は体が酷い痛みを覚えるが故にあまり激しく動くことも出来ないと言う人が多いものです。

 

 

その上、ヘルスやソープなどで働いている人の場合は生理を誤魔化し切れないプレイ内容があると思いますし、無理に行えば膣内が傷ついてしまったり細菌が入ったり病気になったりと言うリスクを抱える事になります。

 

 

男性側も流石に生理特有に酷い匂いを嗅ぎながら血みどろの中でプレイを行いたいと言う人はそう居ないでしょうし、風俗嬢としてもそうしたリスクを抱えてまで働くと言う事は控えたいと思う人が大半のはずです。

 

 

生理による腰の重さ、悪臭、痛み、かゆみ、だるさなど、多くの女性が悩まされるそれらを抱えながらの仕事は難しいものです。

 

 

極力生理の来る周期を覚えるようにして、万が一突然それが訪れてしまってもお店側に承諾を貰い、休みを取る事が必要になると思います。